admin のすべての投稿

通販で上手に買い物を

一人目の赤ちゃんを授かりますと、誰もが初めての子育てとなります。何となくでベビー服の選び方は知っていても、厳密には知らない方も多いかもしれません。今は通販で買い物される方も多いかと思いますので、サイズの数字を見て、適切なものを買えるように覚えておきましょう。大まかな目安として、新生児はサイズ表示が50、3ヶ月は60、半年は70、12ヶ月は80、2歳が90です

新生児には短肌着と長肌着、そしてコンビ肌着を用意しておきましょう。3ヶ月の赤ちゃんには、コンビ肌着とボディスーツが必要です。生後半年と12ヶ月になりますと、ボディスーツがメインとなり、2サイトもなればセパレート肌着を着させる事が多くなります。

また、サイズだけではなく、赤ちゃんの肌に優しい素材を選んであげる事も重要です。基本的には通気性と吸湿性にすぐれている綿100%がおすすめですが、糸の太さ、編み方などで肌触りが違ってきます。涼しい季節にはガーゼがおすすめで、熱がこもりづらく、快適に過ごせるでしょう。やや肌寒い季節の場合は、ニットキルトのように伸縮性と保温性のあるものがおすすめです。気温に合わせて着用させるように、いくつかの種類を用意しておくと便利でしょう。

肌着を着こなす

新生児は、体の成長や気温などに合わせて、肌着を着こなす必要があります。生後間もない時期から3ヶ月くらいにかけては、短肌着と長肌着を上手に使い分けます。短肌着は最も内側に着用させる基本的なアイテムで、着物のようにして前を合わせて、ワンタッチテープや紐で止めます。着替えのさせやすさを考えるとワンタッチテープのものの方が便利ですが、自然にはだけてしまわないようにするため、紐にするのも良いです。

長肌着は、つま先くらいまでの長さのある肌着で、短肌着に重ねてきさせます。ねんねが中心となる新生児に向いていて、寝かせたまま着せ替えしやすいのが特徴です。肌寒い時期は欠かせません。

コンビ肌着は、生後1ヶ月から半年頃に来させるアイテムです。裾がカエルのような外側についていて、足の形に合わせやすいです。足を動かしたり、抱っこをしたりしても、裾が捲れないので便利です。足が分かれているウエアを着させる場合、そのインナーとしてもおすすめです。そしてボディスーツは、ダルマ型の肌着になっていて、股下をスナップで簡単に止められます。手足を動かしてもはだけず、デザインが豊富にあります。アウター感覚で着させられますので、寒い時期に用意しておきたいでしょう。

新生児肌着は通販で

まだ生まれて間もない新生児には、体のサイズにあったベビー服を用意してあげる必要があります。新生児肌着を用意しておく事が大切なのですが、肌着はすぐに汚れてしまいやすいですし、季節や気温にあったものを買っておきたいものです。当サイトでは新生児肌着を通販で買う時の情報について紹介しています。

新生児の肌着を通販で買う時、どのように選べば良いのかわからない事もあるかもしれません。体温の調節のために必要ですし、汗を吸い取ってあげるために重要な役割をしています。吸湿性はもちろん、通気性に優れていたり、肌を傷めてしまったりしないように、素材や縫い目にも気を使って選んであげる方が良いです

肌着には様々な種類があります。必ず用意しておきたいのが「短肌着」と「長肌着」です。これらは、生まれてから生後3ヶ月になるくらいまで着回すものとなります。汚れやすい衣類でもありますので、複数枚を持っていても無駄にはならないでしょう。寒い時には、短肌着に重ね着するようにして、長肌着を着させます。

他にも、股下がスナップ留めになっているコンビ肌着、動きやすいショートオールやボディスーツなんかも用意しておくと便利です。場合によっては何回も買い足す場合がある肌着なので、お店に買いに行くよりも、通販を利用した方が手間が省けて便利です。特に新生児の時期は、お母さんが付きっ切りになってあげたいので、なおさら通販の方が目を離す心配がないので安心でしょう。

関連サイト→Chuckle BABY_ベビー服・新生児肌着通販