肌着を着こなす

新生児は、体の成長や気温などに合わせて、肌着を着こなす必要があります。生後間もない時期から3ヶ月くらいにかけては、短肌着と長肌着を上手に使い分けます。短肌着は最も内側に着用させる基本的なアイテムで、着物のようにして前を合わせて、ワンタッチテープや紐で止めます。着替えのさせやすさを考えるとワンタッチテープのものの方が便利ですが、自然にはだけてしまわないようにするため、紐にするのも良いです。

長肌着は、つま先くらいまでの長さのある肌着で、短肌着に重ねてきさせます。ねんねが中心となる新生児に向いていて、寝かせたまま着せ替えしやすいのが特徴です。肌寒い時期は欠かせません。

コンビ肌着は、生後1ヶ月から半年頃に来させるアイテムです。裾がカエルのような外側についていて、足の形に合わせやすいです。足を動かしたり、抱っこをしたりしても、裾が捲れないので便利です。足が分かれているウエアを着させる場合、そのインナーとしてもおすすめです。そしてボディスーツは、ダルマ型の肌着になっていて、股下をスナップで簡単に止められます。手足を動かしてもはだけず、デザインが豊富にあります。アウター感覚で着させられますので、寒い時期に用意しておきたいでしょう。